妙覚寺

 

JR外房線興津駅より徒歩約10分。
広栄山と号し文永元年(1264)奥津城主佐久間兵庫頭重貞により開基されました。江戸時代日蓮宗本山として末寺を多く有し、御朱印25石であったと伝えられています。この山門は江戸時代末期の当地方作の代表的建築物の一つです。
三間二面一戸の桜門は天保7年(1836)に建造にかかり天保10年(1839)に完成しました。柱は直径30cm、入母屋造桟瓦葺で懸魚には孔雀の彫刻があります。
江戸時代、興津は東北と江戸を結ぶ重要港で、妙覚寺には仙台藩役所が置かれていました。

勝浦市の公認キャラクター「カッピー」

    勝浦を代表する特産品のカツオをモチーフにしたキャラクター「カッピー」です。勝浦市の公認キャラクターとして、観光PRなどに活躍しています。