勝浦の朝市

 

約400年の伝統を伝える朝市は、日本の三大朝市の一つとして月の前半は遠見岬神社近くの通りで、月の後半は「朝市通り」で早朝から11時頃まで開かれています。毎週水曜日はお休みです。


勝浦の朝市の由来

天正18年(1590)、秀吉から関東八国を与えられた家康は、勝浦の地を家臣の植村泰忠に分け与えました。

慶長8年(1603)、勝浦領主植村土佐守は、農業の振興をはかると共に、新しい漁法をこの地に伝えたのです。

そして、農産物と漁獲物を交換するための市を開き、この市を保護し発展させました。これが勝浦名物の朝市の始まりです。

約400年の伝統を伝える朝市は、日本の三大朝市の一つとして、月の前半は遠見岬神社近くの通りで、月の後半は「朝市通り」で早朝から11時頃まで開かれています。


 

タイトル画 : 本宮ひろ志
画協力 : 本宮企画・小松D室

本ページ掲載内容の無断使用・転載等一切禁止いたします。

勝浦市の公認キャラクター「カッピー」

    勝浦を代表する特産品のカツオをモチーフにしたキャラクター「カッピー」です。勝浦市の公認キャラクターとして、観光PRなどに活躍しています。